PPC_1manensatu4mai500

■公認会計士の資格を取ろう■

【公認会計士とは】

公認会計士は会計や監査の専門家のことを指します。会計監査業務は公認会計士だけに許された独占的業務です。また、会計に関するアドバイスなどのコンサルティング業務も重要な業務となってきます。公認会計士試験には受験資格が存在しません。誰でも受験ができるのです。公認会計士試験に合格して、業務補助期間が2年以上あって、補修を修了した人が公認会計士になる資格を有します。公認会計士になるためにはさらに、公認会計士名簿に登録が必要となります。登録していない人は公認会計士になる資格を有する人であっても公認会計士を名乗れません。

 

【公認会計士になるため】

公認会計士は超難関資格として知られています。その試験は短答式と論文式に分かれています。短答式に合格した人、もしくは短答式試験を免除されている人が論文式の試験に進めます。短答式試験は合格すると2年間は短答式試験が免除されます。有効期限がありますから、期限内に論文式試験に合格しなければなりません。短答式試験も論文式試験も合格率はかなり低いです。超難関資格をクリアしても、さらに二年以上業務補助が必要となります。ただし、試験の前後を問わないので、業務補助をしながら受験できます。さらに一般財団法人会計教育研修機構が実施する講習を履修しなければなりません。必要単位を収めると修了考査の受験資格が貰えます。修了考査に合格してやっと公認会計士になる資格を有する者となるのです。修了考査は毎年1月に2日間かけて行われて、合格率はだいたい70%前後となっています。試験に合格しても実習補助に従事できない人も多いようです。実務要件を満たしていないので、せっかく試験に合格しても公認会計士にはなれないのです。企業も実務経験を求めるところもあるので、試験に合格しても実務経験がないとなかなか雇用されるのは難しいようです。公認会計士は超難関資格ですから、試験勉強が長時間必要となります。通信教育やスクールを利用するにしても、長期間勉強するにはお金がかかります。それもかなりの高額になるのです。個人会計士を目指している段階の人で勉強資金を一括で払える人は少ないでしょう。一括で払わずにクレジットを利用すると負担が減ります。試験合格者に実務経験を積ませるために工夫がなされていますが、解決までは至っていません。

PAK58_kiokuyorikiroku500-thumb-395.jpgauto-3076

■通信教育でとる■

 

【通信教育の利点】

通信教育はスクールに通うのと違って時間に縛られることがありません。スクールは講義の曜日や時間が決まっていますが、通信教育の場合は自分の好きな時間に深夜でも早朝でも勉強できるのです。近くにスクールが無い人も通信教育は大事な存在となります。通信教育はスクールと違って周りに誰もいません。スクールでは一緒に勉強する人がいます。模試があると自分がどのくらいのレベルにいるのか把握できますが、通信教育ではモチベーションを保つのが難しくなります。通信教育を行っている団体は数多くあります。団体によって得意な分野と、まだ得意ではない分野があります。通信教育で勉強する人はどこの団体を選ぶかを慎重に判断しましょう。

 

【通信教育で資格を取ろう】

CMでおなじみの通信教育団体では実用資格から趣味まで幅広く取り扱っています。通信教育は教材が送られてきて自分で勉強するものと、DVD講座やインターネットを使った講師の講義を受けながら勉強するものがあります。講義を受けながら勉強できる方が理解がしやすいですが、その分費用が高くなります。実用的な資格を取る場合、取得までの勉強期間はそれぞれですが、勉強期間が長いものや難易度の高い資格は費用が高くなります。仕事が忙しくて、平日にスクールに通えない人、土日はゆっくりと休みたいと考えている人にとっては、スクールに通うより通信教育で自分の好きな時間に勉強できる方が良いでしょう。自分の好きな時間に勉強できるということは、しっかりと計画してやらないと勉強が進まないということです。モチベーションを保ちながら独りで勉強していくことになりますから、自分に甘い人は大変です。自分が取りたい資格について、どの通信教育団体が良いのかしっかり吟味しましょう。ホームページには教材のサンプルが見られるのもあります。自分に合った教材を使っている通信教育を選びたいものです。それが必ずしも評判の良い団体とは限りません。逆をいうと、評判の良い団体の通信教育でも自分に合わないとお金の無駄なのです。高いお金ですから慎重に決めましょう。一括で支払うのは経済的にも結構大変でしょうから、クレジットカードで分割払いにしておくと負担が軽くなります。取得する資格によっては補助金の対象になっているものもありますから確認しておきましょう。

通信教育をで資格取得をお考えの方はコチラも参考にどうぞ。
*ユーキャン
*ケイコとマナブ.NET

GAK_mokuseinotukue500

■通学でとる■

【通学の利点】

資格を取得するためにはいろいろな勉強方法があります。独学で勉強する人もいれば、通信教育を利用する人もいます。また、スクールに通学する人もいます。スクールは日程に従って通学して勉強します。スクールは平日や土日を利用しますが、平日は仕事でなかなか時間が取れないという人もいます。難関な資格は独学での勉強が困難です。ですからスクールに通う人も多いでしょう。スクールに通学する利点は、講師の講義を直接受けることができますから、わからないところはすぐに質問できるのが利点です。また、一緒に講義を受ける人がいるとモチベーションを保つのにも役立つでしょう。通学には通学にしかない利点があるのです。

 

【通学で資格を取ろう】

合格率の高い難易度の低い資格であれば、本屋で教材を買ってきて独学で勉強しても十分対応できます。ですが、難易度の高い資格の場合はそうはいきません。独学で勉強していると、わからないところが出てきてつまずいた時に、そのまま挫折してしまう可能性も出てきます。独学では勉強できなく、通学する時間も取れない人は通信教育でも良いでしょう。しかし、かなりの難関資格を取ろうと考える場合は通信教育よりスクールに通学したほうが良いです。難関な資格というと、士業のような国家資格などが思い浮かぶでしょう。税理士や公認会計士や司法書士などはかなりの難関資格です。独学で勉強するよりスクールに通う方が勉強が進むでしょう。スクールには自分以外にも同じ資格の取得を目指している人がいるので、モチベーションを保ちやすくなります。スクールに通う時は、スクール選びが重要です。自分の住んでいる地域に選択肢がほとんど無い場合は別ですが、複数のスクールがある場合は要注意です。その中から自分に合ったスクールを見つけなければなりません。講義の体験ができれば積極的に参加してみましょう。スクールの実績も大事ですが、自分が最後までやり遂げることができるスクールなのかどうかを見極める方が大事です。どのスクールを使おうが試験に合格することが最終目的です。スクールに通学するにはお金がかかります。難関資格の場合は講義の期間も長く、その金額もかなり高額になります。一括での支払いは大変ですからクレジットカードで分割払いする方が負担が軽くて良いでしょう。

PAK12_10many500

■簿記を取ろう■

 

【簿記の資格】

企業や個人事業では規模の大小に関わらず収支を把握しなければなりません。事業では事業税、法人は法人税と税金の支払いがあります。税金を計算するためには経済状態がはっきりしていなければなりません。そのために簿記は大事なものです。資格の人気ランキングにも簿記が上位にランクインしています。持っていると役に立つ資格として簿記は重要な位置にいます。簿記を学んでおくと大企業が決算期に報告する決算報告書も理解できるようになります。簿記はいろいろなところで役に立つのです。

 

【簿記を取ろう】

簿記の資格として有名なのは日商簿記です。正式名称は日本商工会議所および各地商工会議所主催簿記検定試験といいます。1級から4級まであって、各級には基準があります。4級では勘定科目で仕訳ができることが合格基準です。実質的に業務に役立つのは3級からです。3級では商業簿記に関する知識を持っていることが合格の基準となります。2級ではより高度な商業簿記と工業簿記が含まれます。求人の項目を見ていると2級以上の知識を有する人と書いてあるものがあります。簿記を取ろうと考えている人は2級までがんばってみましょう。1級は大学レベルの簿記や会計学、工業簿記、原価計算が出題範囲となります。1級の合格者には税理士試験の受験資格などさまざまな特典があります。試験は年に3回行われています。ただし1級は年2回となります。申し込みは各地の商工会議所で異なりますから受験地の商工会議所で確認しましょう。受験料は4級が1600円で級が上がるごとに金額も上がっていって、1級では7500円となります。試験は各級とも70点以上取ると合格になります。1級については科目ごとに足きりがあります。70点以上取っていても、1科目の点数が基準を下回っていると不合格になります。理論上では80点以上取っても不合格になることもあるようです。簿記の勉強をするには、学校で勉強している人は独学でもできるでしょう。簿記の参考書は本屋でたくさん見かけます。3級に至ってはゲームで勉強することもできます。ただし、簿記に関して何の知識もない人は通信教育やスクールを利用した方が、途中で諦めることもなくがんばれるでしょう。その分、勉強の費用は高くなりますが、一括払いにせずにクレジットで分割払いにしておくと負担が軽く済みます。

 

C789_enpitutonote500

■転職に強い資格■

【転職に役立つ資格】

転職というのは看護師などの特殊な場合を除いては、回数が多いことは嫌がられる傾向にあります。そのため、転職を決意したら慎重に行動しなければなりません。景気が少しずつ回復してきているとはいえ、転職はまだまだ難しいのが現実です。企業は転職者に即戦力を求めています。ですが、履歴書や職務経歴書だけではその人の能力は計りしれないところもあります。そんな時に、どの程度のスキルがあるのかを証明する手立てとしても資格は有効なのです。また、求人を検索すると、必須資格の欄に求める資格を書いてある企業もあります。自分の技術が資格によって証明できるなら資格を取得しておくと後々便利になるでしょう。転職に強い資格は検索するといろいろ出てきます。その中でも宅建主任者や簿記、ITパスポートや社労士、TOEICなどは人気のようです。企業のグローバル化が進むと英語力が必要となってきます。そのため、TOEICの点数が何点以上と書かれている求人もよく見かけます。

 

【資格を取ろう】

転職のために資格を取ることは良いことですが、転職に強い資格だからとやみくもに取っては意味がありません。企業は即戦力を求めています。自分のこれまでの業務を活かせる資格を取ることが重要です。転職してどのような仕事がしたいのか、そのためには企業にどのようにアピールするべきなのかをよく考えましょう。そして、そのために資格を取ることが役立つと判断したら資格の勉強をしましょう。転職を決意した時はしっかりとした計画が無くてはなりません。会社に在籍したままで転職活動をするのか、会社を辞めてから職を探すかでもかなり変わってきます。転職用に資金を貯めていたら会社を辞めてからでも転職活動ができるでしょうが、資金がないと会社に在籍したままで転職活動をすることになります。どちらを選択するかによってその後の活動の仕方も変わってきますので、転職までの道のりを考えることは大事なのです。何も考えずに辞めてしまうと困ることになります。そして、転職のために資格を取ろうと考えたら、その期間も計算に入れなければなりません。転職するためにはお金がかかりますから、資格の勉強に使う費用はなるべくクレジットカード払いにして家計に負担をかけないようにしましょう。

カードをお持ちでない方は、クレジットカード審査甘いサイトをご紹介します。ご活用下さい。

N811_toridashitajyouzai500

■医療系の資格のおすすめ■

【医療系の仕事に就くために】

どんなに不景気になっても医療が無くなることはありません。医療関係の仕事は、無くなりはしないので、どんな時でも安定していると言えます。そのため、医療事務や調剤薬局事務のような医療系の事務の仕事が人気です。医療関係の事務の仕事は資格が無くてもできます。ですが、人気の仕事ですから求人が出ると応募が殺到します。その中から採用されるためには、他の人との差別化が求められます。他の人との差別化を図るためには資格が有効です。医療系の資格には多く種類があります。そのため、簡単な資格を取ってもあまり差別化は図れません。できるだけ難しい資格を持っていた方が良いでしょう。

 

【医療系の資格を取るために】

数多くある医療系の資格の中で最も難易度が高いと言われている試験が、診療報酬請求事務能力認定試験です。この資格は最も難易度が高いと言われているので、取得しておくと評価が上がります。医療系の仕事に就きたいと考えている人は、ぜひ取得しておきたい資格の一つです。診療報酬事務能力検定だけではなく、医療現場で役に立つ資格は多くあります。ただ、医療系の仕事の人気は高いので資格を取ったとしてもすぐに職に付けるとは限りません。また、医療系の仕事に就職できたとしても、評価を上げていくためには資格を取ることも一つの方法です。診療報酬請求事務能力認定試験の勉強には通信講座もあります。ある通信講座のサイトを見てみました。標準勉強時間は3ヶ月で講座の料金は4万円弱といったところです。独学で勉強すると初学者ではどこから勉強して良いのかわからないものです。通信講座ではポイントを絞ってしっかりとした実力を効率良く身に付けることができるのです。また、独学では3ヶ月の勉強で資格を取るのはかなり困難なようです。社会人になると勉強する時間はあまり取れません。さらに、長期間、独学で勉強することはモチベーションを保つのも難しくなります。モチベーションをキープして最後までやり遂げるためには、どれだけ効率良く勉強するかがカギになります。勉強には教材費などにお金が必要になります。通信講座を利用する場合はクレジットカードで払って負担を軽くすることをおすすめします。

 

これから取得を考えられている方は医療系の資格難易度ランキングをご紹介します。どうぞご参考下さい。

NOU86_tokainonagame500

■不況に強い資格とは■

【不況に強い資格】

不況が続くと将来に対して不安に思うことも多いものです。そんな時、手に職をつけておくと役に立つものです。そして不況が続くと、不況に強い資格が大人気になります。不況に強い資格では中小企業診断士や社労士が国家資格で人気のようです。また、介護や医療系の資格も不況に強いと言われています。国家資格は独立できるだけではなく、企業内でも評価されますので、昇給にも繋がります。そして、外せないのは公務員試験です。公務員試験は年齢制限がありますが、公務員は言うまでもなく不況にあまり影響されません。

 

【不況に強い資格を取るために】

不況に強い資格の中には難易度が高い資格もあります。独立系の仕事は取得するのも難しいですが、取得して独立してから顧客を確保するのも難しいです。独立できる資格を考えている人は、独立後のことも考えてから動きましょう。長時間の勉強と高額な教材費がかかりますから、独立しても食べていけないと取得した意味がありません。資格の勉強を始める時から、独立するまでのことをしっかり考えて計画を立ててから実行しましょう。公務員試験には年齢制限があります。年齢制限に引っかかる前に取得しないといけません。自信がある人は難しい方でも良いのですが、自信があまりない人は地方公務員などの試験を受けた方が受かりやすい場合もあります。受からなければ勉強してきたことが報われませんから、受かりやすい試験を選びましょう。他にも電気工事士も不況に強い資格と言えます。電気工事は景気が良かろうが悪かろうがあまり関係がありません。不況でも電気工事の仕事が無くなることなどないので、不況に強いのです。ただ、不況に強いといっても持っているだけではあまり意味がありません。実務経験を積んでスキルを高めておく必要があります。電気工事士の資格は認定校の科目取得などで筆記免除になります。筆記免除の資格があるなら後は実技だけですから、取得しておくと役に立ちます。医療系や福祉系の資格は不況に強いですが、福祉系はまだまだ待遇があまり高くないのが現実です。もう少し待遇の改善が求められます。不況に強い資格は不況になってから取っても遅いですから、勉強できる余裕がある時に取得しておきましょう。家計の負担を考えるとクレジットカードで支払っておくと良いです。

 

CSS_seiketukannoarucs1292500

■独立に強い資格■

【独立が可能な資格】

該当する業務に従事する場合、必須となる資格があるものもあります。例えば弁護士業務は弁護士の資格がないと業務が行えません。弁護士同様に独立できる資格は世の中にたくさんあります。独立できる資格は超難関といわれるものもあり、全体的に難易度が高めです。その資格で食べていくことができるわけですから、難易度が低いわけがありません。世の中そんなに甘くないのです。独立できる資格の中には学生の頃からずっと勉強してやっと取れる資格もあれば、社会人になってから勉強して取得できる資格もあるのです。

 

【独立開業できる資格を取ろう】

独立できる資格を取得したからといっても、すぐに稼げるわけではありません。資格を持っているだけでは仕事はやってきません。顧客を獲得するというのはとても難しいものです。資格を取ったらすぐに稼げると安易に考えていると大変な目にあいます。独立を考えているなら、独立した後のことも考えましょう。独立できる資格を取るにはお金がかかります。難易度が高い資格が多いので、長時間の勉強と高額な教材費がかかります。学校で勉強していたらまだ良いのですが、全くの初学の人の場合は、相当な努力が必要となります。独学では合格はかなり難しいでしょう。合格するためには通信教育やスクールを利用する人が多いでしょう。通信教育やスクールは勉強がはかどりますが、その分、授業料は高額になります。比較的難易度が低い試験でも数万円かかり、難易度が高い資格では数十万単位で費用がかかります。そして、勉強時間も数カ月物もから数年にも及ぶものがあります。働きながら勉強するのは難しいような資格もあります。お金を貯めて会社を辞めて、勉強に専念する人もいるでしょうが、支払いは一括で払うのは難しいでしょう。クレジットカードの分割払いにして月々の負担を軽減した方が良い場合もあります。独立できるような資格は医療や福祉に介護、法律系、税務系、土木系もあります。さらには、技術系でも独立できるような資格もあります。もちろん、美容師や理容師も独立できる資格です。独立するためには難関な資格に合格しなければならないばかりではなく、合格して独立してからも大変なのです。独立できる資格を取るためにはかなりの覚悟が必要となります。どの資格を取るのかは慎重に判断しましょう。